タヒチアンノニジュース・マキシドイドの通販店

ノニファミリー株式会社
受付時間 9~21時
土日祝もOK!!
ノニファミリー株式会社

こんにちはゲスト様

ログイン カードの種類
カートの中身

送料無料まであと10,000円

合計金額 円

カートの中を見る

はじめての方は、新規会員登録(無料)をどうぞ。

タヒチアンノニジュース

セット内容

希望小売価格:7,978円(税込)

私は飲めるかしら?と不安を抱いていらっしゃる方は決して無理はなさらないでください!まずは1本からお試しください!

現在、賞味期限が2019年9月25日以降の商品をお届けしております。


セット内容

希望小売価格:14,287円(税込)

2本からは送料・代引手数料が無料ですよ。1日60mlぐらいお飲みいただく方は、2本で約1カ月分になりますね。

現在、賞味期限が2019年9月25日以降の商品をお届けしております。

▼ お電話でのご注文はこちら ▼
受付時間
9時~21時 土日祝日もOK!!

セット内容

希望小売価格:27,957円(税込)

タヒチアンノニジュース1ケースにつき、ヒロエナジー1本をプレゼント!なくなり次第終了となりますので、お早めにね!

現在、賞味期限が2019年9月25日以降の商品をお届けしております。


セット内容

希望小売価格:3,100円(税込)

タヒチアンノニジュースが手放せない愛飲者の方にはとっても便利!職場や旅行中など、いつでもどこでも持ち運べます。お友達へのプレゼントにも便利ですね!お買い求めはケース単位となります。

現在、賞味期限が2018年5月21日以降の商品をお届けしております。

▼ お電話でのご注文はこちら ▼
受付時間
9時~21時 土日祝日もOK!!

商品説明

ノニジュースが良いというのは、タヒチアンノニジュースが発売された
1996年に比べると、すでに多くの人々に知られるようになってきました・・・

そして多くのノニジュース、ノニ製品が市場に出回る中、タヒチアンノニジュースを選択する
ユーザーがぐんを抜いています。

果たしてその理由とはいったい何でしょうか?

どうやら、タヒチアンノニジュースの驚くべきストーリーが関係ありそうです・・・

そのストーリーとは?

ポリネシアでは、古くからカフナと呼ばれる祈祷師が人々の健康を守るためにノニを多くの用途に利用していました。

彼らは、科学ではなく伝統と言い伝えと自身の体験から、健康に役立つノニの用い方を理解しており、2000年もの間、その知恵を大切に受け継いできました。

第二次世界大戦中に米軍のサイバイバルハンドブックにノニ果実の特性と利用法が掲載され、1950年代にラルフ・ハイニキー博士がノニに含まれる成分の働きを科学的に解明しましたが、ノニはまだ外界から隠れた存在でした。

ラルフ・ハイニキー博士

1990年代に入り、この果実に着目した2人のモリンダ創業者が、フレンチポリネシアにおいてノニの伝統的な利用法を学び、人々の実体験からその有用性に強く確信を抱くようになりました。

彼らは伝統と科学技術の両方から研究を重ね、1995年にモリンダを設立、1996年に市場で最初のノニジュースである「タヒチアンノニジュース」を世に出しました。

今日、ノニはフレンチポリネシアの輸出品第一位となっており、世界70ヶ国以上で愛飲されています。

「タヒチアンノニジュース」が世界に広まったことにより、初めて「ノニ」が世界中に知られるようになりました。

このジュースは、古代ポリネシア人の神聖な「ノニの伝承」を頑なまでに受け継いでいます。

ですから、ほかの類似製品とは明らかに違った特性と歴史をもっている製品なのです。

古代ポリネシア人の神聖なノニの伝統とモリンダ独自科学技術を融合させた世界70ヶ国で圧倒的な人気を誇るタヒチアンノ二ジュース。

あなたもぜひお試しください。

タヒチアンノニジュースの原点「ノニ」とは・・・

人々は昔から植物を毎日の健康に役立ててきました。

近年、有用植物に含まれる植物栄養素が人々の健康に役立つことがわかり、
植物のチカラが改めて注目されています。

その中でもミネラルや栄養成分を豊富に含み、「ハーブの女王」として
注目されている植物がノニ(学術名:モリンダシトリフォリア)です。

「ハーブの女王」ノニの3つの特徴

  1. 「ノニ」はフレンチポリネシアなど南太平洋地域で健康維持のために古代から食されてきた有用植物
  2. ポリネシアの熱帯・亜熱帯やアジアなどに広く植生する。
    特にフレンチポリネシア産ノニは理想的環境下で育ち、ミネラルや栄養成分を豊富に含む。
  3. 炭水化物、たんぱく質(20種類のアミノ酸)、ビタミン、ミネラル、脂肪酸など275種類以上の成分が含まれている

ノニ(果実・葉・種子)に含まれる成分

炭水化物
・ブドウ糖・果糖・しょ糖・ガラクトーク・アラビノース・ラムノース・ペントース・ヘキソース・多数の多糖体
ペクチン
・水溶性植物繊維・不溶性植物繊維
たんぱく質

必須アミノ酸
・トリプトファン・リシン(リジン)・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジン
非必須アミノ酸
・セリン・グルタミン酸・プロリン・グリシン・アラニン・シスチン・チロシン・アルギニン・グルタミン・アスパラギン・アスパラギン酸
ビタミン
・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビオチン・ナイアシン・バントテン酸・ビタミンE・βカロテン・αカロテン
ミネラル
・カルシウム・鉄・りん・マグネシウム・モリブデン・ナトリウム・カリウム・塩化ナトリウム
脂肪酸
・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・プチル酸・バレリアン酸・カプロン酸・エナント酸・カプリル酸・ペラルゴン酸・カプリン酸・ラウリン酸・パルミチン酸・ステアリン酸・カンぺステロール酸・エライジン酸
研究中の成分
・Eファイトール・シチジン・ヘクサマイド・アスペルロサイド・シトリフォリニンB・ヘプタン酸・アスペルロ酸・シトリフォリノサイド・ベンジルアルコール・アメリカニンA・ジヒドロコーニン・ボミフォリオール・アメリカノイック酸A・スコポレチン・ボレリアゲニン・アメリカノールA・スティグマステロール・マンニトール・イソカプロン酸・テルペノイド・ミリスチン酸・イソプリンセピン・ナルシソサイド・メチルエライデート・イソ吉草酸・ニコチフロロサイド・メチルオクタノエート・イソ酪酸・ネオリグナン・メチルオレアート・ウルソール酸・ノナイイック酸・メチルデカノエート・ウンデカン酸・ノニppt・メチルパルミテート・エチルオクタノエート・ノニイリドイド配糖体・メチルフルクトフラノシド・エチルオメチルベンゼン・ノニフラボノイド類・メチルヘクサノエート・エチルデカノエート・ノニポリフェノール類・モリンジン・エチルパルミテート・パラフィン・モリンダジオール・エチルヘクサノエート・ビスデメチルピノレシノール・モリンダニグリン・エピドキシステロール・ブタノール・モリンドーネ・オイゲノール・フラクトフラノサイド・モリンドリン・ガエトネロサイド・プロピオン酸・ラウリン酸・ガエトネロ酸・βサイトステロール・リモネン・クエセチン・ヘキサンニ酸・酢酸・グルコピラノースアスペルロ酸・ヘキサン酸・脱アセチル化アスペルロサイド・ケトステロイド・ヘキシルヘクサノエート・サイクロアーテノール・ヘクサデカンなど

これまで特定したノニの成分は275種類以上です。

なぜ、タヒチアンノニジュースの
ノニはフレンチポリネシア産なのか??

多年生であるノニは、タヒチ、マルケサス、モーレアなどの島々で一年中実をつけます。

何千年にわたり、ポリネシアの島々の住民の間で生きていくためになくてはならないものと考えられ、さまざまな使い方が伝えられてきました。

フレンチポリネシア産ノニは、サイズが大きいのみならず、ほかの地域のノニに比べてイリドイド量が多いのが特徴です。
(イリドイドとは、主に有用植物に含まれる成分のグループの1つです。)

火山がもたらすミネラル豊富で肥沃な大地、植物が青々と茂る森、熱帯の雨が、栄養価の高い高品質のノニを育んでいます。

産地ごとに収穫されたノニの総イリドイド量を測定したところ、フレンチポリネシア、トンガ、タイ、日本、ハワイ、ドミニカの順に多いことがわかっています。

ノニを最大限に活かした製法とは?

タヒチアンノニジュースには、ノニ果汁を可能な限り植物そのままの状態でボトルに詰めています。

多糖類(食物繊維)の有用性を維持するためにピューレを使用した製法にこだわり、多糖類をとりさらず、そのまま残しています。

多糖類とは、グルコース(ブドウ糖)などの単糖がいくつも連なった状態のものです。

多糖類は腸に住む菌の栄養となり、内側のバランスを整えたり、栄養素を吸収しやすくします。

ここまで安全・安心にこだわっているノニジュースを
あなたは聞いたことがありますか?

メーカーであるモリンダ社は製品の原材料となるノニの収穫の段階から関わっています。
皆様のお手元に届くモリンダ製品のボトルからさかのぼり、原料のノニを、いつ、どこで、誰が収穫したのかまで調べることができます。

これをトレーサビリティーといいます。

食品の安全性などの影響から食品分野でのトレーサビリティーは現在では一般的なものとなっていますが、モリンダ社ではタヒチアンノニジュースを発売した1996年当初からこのトレーサビリティーを導入し、製品の安全性を追求しています。

収穫者認定プログラムにより最高品質のノニをお届け

モリンダ社は、フレンチポリネシアの収穫者との直接契約により、80以上の島々で1000軒を超える農家と契約しています。

収穫作業に携わる専門のスタッフは、全員特別なトレーニングを受け、その証明として収穫者認定証を携帯しています。

認定された収穫者はノニの品質を損なわないよう注意を払って収穫します。これにより品質が守られるだけでなく、乱伐を防ぎ、環境を保護することができます。

もちろん、放射性物質分析検査も行っています。

モリンダ製品は第三者機関による放射性物質検査を行っています。
原料はもちろんのこと、最終製品の安全性をすみずみまで追求します。
もちろん、これまでに放射性物質が検出されたことはありません。

保存料無添加、安定剤無添加、甘味料不使用

モリンダ製品には、保存料はもちろん、安定剤も甘味料も一切使用していません。
使用しているのはフレンチポリネシア産ノニ、ブルーベリー、クランベリーなど自然由来の原料です。

無農薬ノニを使用

フレンチポリネシアは大陸から遠く、大洋に遮られており、ノニの害虫であるワタアブラムシやシタバガの幼虫がいないため、農薬の散布なしでノニが大きく成長します。

大自然の中で育まれたノニが原料となります。

製品に使われるノニ果実は農薬を使用していませんが、第三者機関の残留農薬検査で750種類の農薬の有無を検査しています。

もちろん、これまでに農薬混入が確認されたことはありません。

世界初EUノベルフード認定を受けたノニ製品

EUノベルフードとは、食品の安全性に関してEUの欧州安全性評価機関が実施する審査のことで、認定されるとEU市場での販売が許可されます。

「タヒチアンノニジュース」は、世界で初めて認定を受けた唯一のノニ製品(2003年6月)であるだけでなく、このような権威ある政治・科学団体の認定を受けた、この種の食品および食品原料で最初の製品となりました。

タヒチアンノ二ジュースの良さは十分にわかりました。
では、1日どのくらい飲んだらいいのですか?

タヒチアンノニジュースはお薬ではなく、フルーツミックスジュースでございますので、1日どのくらい飲まなければいけないという決められた量はございません。

また、人それぞれ、生まれ育った環境や体質・食生活などに違いがございますので、ご自分にあった飲み方・量を見つけていただくのが一番よろしいかと思っております。

しかしながら、はじめて飲むので「どうしても目安の量が知りたい」ということでございましたら、健康維持のために、1日30ml~60mlぐらいを目安にお飲みいただければと思います。

▼ お電話でのご注文はこちら ▼
受付時間
9時~21時 土日祝日もOK!!
「Morinda®(モリンダ®)、TahitianNoni®(タヒチアンノニ™)、TrūAge™(トゥルーエイジ™)、Maxidoid、マキシドイド、maxidoidロゴ、
TePoemä®(テポエマ™)、Moéa®(モエア™)はモリンダ インクの商標です。」このサイトはモリンダ独立プロダクトコンサルタント(IPC)が制作したものです。

@NoniFamily Co.,Ltd. All Right Reseved.
©Morinda, Inc. Used with permission. All rights reserved.