HOME > タヒチアンノニジュースについて > ノニの産地であるタヒチの環境

タヒチアンノニジュースについて

ノニの産地であるタヒチの環境

ノニの産地であるタヒチは、ハワイとよく似た気候なのですが、ハワイが6島からなる島々からなるのに比べると、タヒチは118もの島々からなるポリネシアと呼ばれる地域の中心地なのです。

正式名称はフランス領ポリネシアというところで、その代表的な島がタヒチ島なのです。
(ポリネシア地域とは、北はハワイ、西はニュージーランド、東はイースター島を結んだ三角形の地域を言います。)

タヒチの産業はこれまで主に、観光と黒真珠が中心でした。
約10年ぐらい前からノニというタヒチの伝統的な果実がアメリカを中心とした先進国へ輸出されるようになってきました。

今では黒真珠の輸出額を超えているくらい世界的にタヒチのノニジュースは有名になってまいりました。

「地上最後の楽園」と言われ、澄んだ空気は青空をより鮮明にし、緑濃くそびえ立つ山々とクリスタルのように透き通った海が広がり、星はまさに手が届きそうに輝いております。
さらに、火山活動による海底隆起によってできた島々が多く、その土壌はミネラルをはじめとする栄養素の宝庫となっております。

今日のひと言

「ノニが栄養たっぷりなのはなぜ?その秘密はタヒチにあった!」